BLOG

ブログ

「出だし」だけ+ジェスチャーはどこから?

接遇英語のプロが教える「出だし」だけ+ジェスチャーからはじめるおもてなし英語

こんばんは。

昨日、初著書を上梓いたしました。

タイトルは長いのですが、、、

「出だし」だけ+ジェスチャーからはじめる おもてなし英語  

です。

これだけでは何のこと?とお思いになる方も多いと思うのですが、

本の表紙にあるように、英語の文の「出だし」1語~3語ほどを言いながら、

伝えたいメッセージをジェスチャーで加えると、

それだけで言いたいことが伝わり、

しかもそれが丁寧に伝わる

というコミュニケーションのメソッドです。

もちろんこれだけですべてのコミュニケーションはできないのですが、

かなりの範囲をカバーできるのです。

この丁寧に伝わるというところがポイントです。

おもてなしの場面でのコミュニケーション、心は丁寧に伝えたいですよね。

 

今まで私の研修を受講してくださった方々の中には

その気持ちはあるのに、

丁寧な表現、難しそう、言葉も多そう、

と思ってしまって、諦めている方も多くいらっしゃいました。

そもそも英語は得意ではないのに、、、無理、と。

おもてなし英語の研修を始めたころは、

テキストに載っているフレーズや表現を何回も復唱していただいて、

覚えていただこうとしていました。

単語もたくさん暗記していただいたり、、、。

でも受講生の皆様がなかなか使えるようにならない。

ならないどころか、知っている単語も言えなくなってしまったり、

表情が曇ってしまったり、、、

さらにはそもそも英語でのコミュニケーションが嫌になってしまったり。

せっかくお客様に対して

「おもてなし」したい気持ちはあるのに

これではそれが全く伝えられなくてもったいない!

何とか勇気を持って話しかけられるようになって、

コミュニケーションの楽しさを体験していただきたい。

楽しい!と思うことができれば、

次のステップへのモチベーションになって

上達していくことができるのだし、、、。

と思ったのです。

そこで思いついたのが、

とりあえず「出だし」を言葉にして伝え、

そのあとのメッセージをジェスチャーで伝えてみましょう!

というやり方でした。

でもあまりにも簡単なこと過ぎて、

「研修なんですからもっとしっかり教えてください!」

とご不満の反応が来るのではないか、とも思いました。

ところが、これが思っていた以上にとても好評で、、、。

まもなく私の研修の軸となったのです。

そして今回、この「出だし」だけ+ジェスチャーのコミュニケーションを

より多くの方に知っていただけたら、、、

と思い本にまとめることにしたのです。

まとめるとなると、「あれもこれも」伝えたい、となり、

かなり欲張った内容になっていますが、

一回で全て使えるようになっていただかなくても大丈夫です。

長くお付き合いいただければ、と思っています☆ 

 

ブログもあまり重くなり過ぎないように、

楽しく読んでいただけるように、と思っています。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

お読みくださりありがとうございました☆

Thank you very much for your time! 

 

中野美夏子

 

 

 

CATEGORY

TOP